遠州綿紬の生地

四季を感じる縞柄の生地 日本の縞

「日本の縞」は、遠州地方の伝統織物「遠州綿紬(えんしゅうめんつむぎ)を企画・販売するぬくもり工房がプロデュースする日本、四季を感じる縞柄の生地。

四季を感じる縞柄

日本文化は季節を大切にする文化だと言われています。季節の移り変わりを楽しみながら、着物やシャツに使う生地を選べたら素敵ですよね。日本を代表する縞柄を目指して、ぬくもり工房がプロデュースした「日本の縞」。さくら、あじさい、紅桜、椿など四季折々の色が使われていて、四季を感じる縞柄です。また、富士やあさひなど日本文化を象徴する縞柄も魅力的。江戸時代から現代まで数千種類の縞柄が生まれてきたといいます。ぬくもり工房の生地は、その伝統を引き継ぎつつ、古さを感じさせないおしゃれな柄に仕上がっています。

着物から小物まで、幅広く使えます

着物やシャツに仕立てる反物から、小物づくりに最適な1.2m巻き、さまざまな用途にに使える端切(はぎれ)まで用意されています。ぬくもり工房が取り扱う遠州綿紬の織り幅は、40cm前後の小幅となっています。「日本」・「四季」を感じる生地で、自分だけのオリジナルアイテムを制作するのも楽しそうですね♪ 仕立ては、本店ショップとオンラインショップで受け付けているので、是非活用してみてください。

「日本の縞」のイメージ

「日本の縞」が買える場所

ぬくもり工房ショップ
ぬくもり工房本店ショップ

ぬくもり工房本店ショップ

434-0046
浜松市浜北区染地台3-12-25
TEL:053-545-6391、FAX:053-545-6493
営業時間:10:00~18:00 (年中無休)
HP:http://nukumorikoubou.com/
FB:https://www.facebook.com/nukumorikoubou

ぬくもり工房 楽天市場

http://www.rakuten.co.jp/nukunuku/

取扱店一覧はこちら